ゆらく整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

季節の変わり目は自律神経が乱れやすい!

2019.09.06

自律神経とは、体内や体外の環境に関する情報を受け取って、コントロールするところです。

主に、機能の促進には交換神経が働き、抑制には副交感神経が働きます。

交感神経と副交感神経はそれぞれ全身に分布しているのですが血管や胃などの臓器を支配し、状況に合わせて働いてくれることで身体をコントロールしています。

季節の変わり目に身体がしんどくなるのは、この自律神経が乱れることによって起こることが多いです。

身体にはリズムがあり、毎日規則正しいリズムで生活することはとても大事なことです。

慢性的な寝不足や昼夜逆転になってしまうと身体のリズムは崩れてしまい自律神経のバランスを崩してしまいます。

さらに自律神経が乱れると寝たくても目が冴えて眠れなかったり、寝たにも関わらず疲れが取れていなかったりとしてしまうものです。

 

こういった自律神経のバランスを整えるためには、神経の出ている出口広げて神経の流れを良くしてあげることが必要です!

私たち人間には背骨があり身体を支えているのですが、その背骨一つ一つの隙間から神経は出ているので、疲れが溜まってくると背中の筋肉が硬くなってきます。これは神経の流れが悪くなってしまい、筋肉が上手く伸び縮みできなくなっているから硬くなってしまっている状態です。

こうなっているからマッサージやストレッチで筋肉を伸ばしながら、背骨と背骨の間を広げることで神経の流れがよくなります!

 

季節の変わり目は毒が溜まりやすい!

2019.08.31

この時期は夏が終わりに近づいていて、夏の疲れが出やすいタイミングです。

その疲れはだるさとして感じることも多く、足がだるい、腰が重い、背中が張っている、肩が重い、頭痛がする。

これらは全部夏の終わりによく起こる症状です。

 

この原因は夏の時期に湿度が高くなることで、身体も湿気を溜めこんでいたり、夏の暑さのせいで体温が高い状態が続いたせいで涼しいときには感じない体力の消耗があるからです。

こういった症状がある人は、身体の中で血流が悪くなりやすく循環しようとする力が弱まり、身体の中に溜めこもうとする力が強くなります。

溜めこもうとする力が強い状態が長く続くと体質として定着してしまい、それになれてしまうこともあります。

こういった状態になってしまった人は、外部からの刺激により毒素を排出できる身体にしないといけません。

その方法の一つに吸い玉療法があります。

吸い玉は、身体の上にカップをかぶせ中の空気を真空状態に近づけることにより、皮膚や筋肉が引き上げられます。

引き上げられることにより、固まっていた筋肉のストレッチ効果、固まっていた筋肉によって悪くなっていた血流が動き出し、毒素が血流に乗って排出されます。

この習慣を身体に覚えさせることで、循環する体質に戻っていき毒素が身体に溜まりにくくなります。

あまり毒素の溜まっていない人の吸い玉写真です。

一か所赤黒く色が悪いところがありますが、それ以外は薄い色になっており毒素の溜まっていない状態となっています。

 

季節の変わり目は環境の変化が身体に及ぼす影響が大きく、人よっても差はありますが、気圧の変化、気温の変化によって体調が変化しやすいです。

まずは自分の中に今毒素が溜まっているのか?チェックする意味でも、吸い玉を行いましょう。

繰り返すことで色は次第に薄くなるので、よくなっていること、今日は調子が悪いなどの変化を見てわかるようになっています。

東洋医学的だるさの原因

2019.08.30

だるいという症状は、医学的に倦怠感といわれています。

貧血や低血圧などの内科的によっておこる場合は検査をすれば分かるのですが、検査を行っても異常が見当たらない場合があります。病院では、検査を行い異常がなければ問題ありませんといわれて終わりのパターンがほとんどです。

検査で結果が出なければ薬を出されることもありませんし、原因がわからないまま治らない我慢しないといけない事もあります。

その他の理由で考えられるの精神的なものがありますが、気のせいだと言われることもあります。

 

では、東洋医学的にはだるいということをどのように考えているのでしょうか?

東洋医学では「気」の異常による症状と考えています。

気・血・水のバランスによって身体は健康に保たれているとされています。

この3つのバランスが崩れた時に症状が現れます。

多くても、少なくても症状は出てしまい、だるさの場合は気が少なくなっている状態と考え、気虚の症状だと言えます。

元気、気力、気分、やる気の気であるため、気は身体に存在する根源的なエネルギーです。その気が少なくなってしまい、身体にだるさとして症状が現れたということです。

 

それでは気はどのようにして補えばいいのか?

学生のころ理科で勉強したように、人間は空気から酸素を取り込み、食物から栄養を取り込み、水から水分を補給して生きています。

この材料を身体に取り込むことで気は増えていきます。

例えば、胃の調子が悪かったり、肺の調子が悪かったりすると、食べ物を必要な分とれなかったり、上手く呼吸が出来ずに酸素を取り込めなかったりします。こうすることで、気の取り込みは不足してしまい、十分な気の量を維持できなくなってしまいます。

胃の調子が悪くなって身体がだるくなったことはありませんか?

身体が気虚の状態に落ち込んでいたんですね。

一方、気の消費しすぎによっても気虚は起こります。

常に気は消費されていますが、「気を使う」ということで消費が多くなることがありますね。

上司と一緒に長時間いるといつも以上に疲れたなんて経験はありませんか?

そういうときは、身体の調子が悪くて気虚が起きているのではなく、消費しすぎによって起こっているということです。

 

そのほかには、雨のよく降る梅雨の時期や台風シーズンなどは、湿気が高くなるので身体の中に溜まる湿も多くなります。この湿が身体の中で悪さをすることで起こるだるさも考えられます。

これは湿邪によるもので、気圧の低下、寒暖差などとも関連しながら、身体にむくみ、イライラ、だるさ、肩が重い、頭痛などの症状を引き起こします。

 

気虚の状態でも、湿邪による症状でも、ツボを使って身体のバランスを整えれば症状の改善はみられます。

またこういった状態の人は、身体の中でも特に背中に自覚症状があり、背中が張っている、座っていても背中が痛いなどを訴える人が経験上多いです。

そのような場合は、ツボだけでなく背中全体に吸い玉をすることで、改善見られます。

実際に吸い玉を行った時の背中の写真です。

赤黒く丸の跡が付いているのは、吸い玉によって溜まっていた湿邪が表に出てきている証拠です。

吸い玉の跡はだいたい1週間ほどで消えます。繰り返し行うことで出てくる色も次第に薄くなっていきます。

 

冷たい物食べすぎたら胃弱るで~!

2019.08.27

夏は暑さで飲み物や食べ物を冷たい物にしてしまいますよね。

人間は体温があって36℃ぐらいで常にキープされていますが、外気温の暑さを感じると体温は上昇し冷たい物を摂取することで体温を下げようとします。

適量ならいいのですが、摂りずぎるもしくは身体が対応できない状態だと不調を起こしてしまいます。

体温の調節の中でも、内臓の体温は身体の核となる部分なので体調に影響されやすいです。

その中でも、胃はまず冷たい物が入ってくるところなので負担がとても大きいです。

 

先日こられた方で背中が痛いという人がいました。

じつは冷たい物を食べすぎていて胃の調子が悪くなっていたんです。

その方に吸い玉をしたのですが、いつもの色とその日の色がまるで違いました!

こちらがいつもの状態です。

 

そしてこちらがその日の状態です。

 

あきらかに色がどす黒くなっており悪い血が溜まっていることがわかります。

特に腰から背中にかけての胸腰部が色が濃くなっています。

これは胃のある高さの周辺です。

胃のある場所は、第10胸椎~第11胸椎といわれています。

実は胃の調子が悪くなってしまっている人は、その高さの背中がつっぱってきたり、座っていても痛かったりすることがあります。

この時期に、こういった症状が出てきた時は要注意です!

すぐに胃の調子が悪くなっていないか吸い玉をして色を確かめるべきです!

夏バテはクーラーの影響かもしれない!

2019.08.26

夏になるとエアコンをつけて部屋を涼しくしていると思いますが、実はクーラーの冷風によって身体は夏バテしやすくなっているんです!

 

通常、私たちの身体は暑くなると汗をかいて体内の熱を放出することで、体温が通常よりも高くならないように調節しています。しかし涼しい場所でずっと過ごしていると汗をかくことがなくなり、快適に過ごせるのですが身体は体温を調節しない状況に慣れてしまいます。

このような状態に身体が慣れていると、外に出た時炎天下で熱中症にかかったり、普段かかない量の汗をかくことで脱水を引き起こしてしまいます。

体内の状態をもう少し詳しく説明すると、体温が上昇すると熱を逃がすために毛細血管を広げ放熱しやすくします。そのためクーラーの効いた部屋では体内の熱が逃げやすくなるため身体は冷えやすいです。

身体が冷えるとだるさや肩コリが起こりやすくなり、ひどい場合は食欲不振などにつながります。

こういった症状が出始めると夏バテのサインで、こうなる前に予防するのが好ましいです。

 

では、クーラーを上手く利用するにはどうしたらいいのでしょうか?

設定温度は25~28℃が良いとされています。特に外気温との温度差はマイナス3~4℃をひとつの目安にしてください。寒いと感じた時は温度を1℃あげましょう。また風向きは直接当たらないようにしてくださいね。

 

もし、夏バテになってしまっている人がおられましたら、食事面で改善していきましょう。

簡単な方法は冷たい物を摂らないようにすること、身体の温まるものを摂るようにすることです。

身体を温める食べ物のことを温性食物といいますが、代表的なものでショウガ、ネギ、ニンニク、タマネギ、カボチャ、チーズなどがあります。

食欲があまりない場合、冷たい物を食べると胃腸を冷やし逆効果ですし、食事を抜いてしまうとカロリー不足により身体が冷えやすくなります。またビタミンの不足からだるさや疲れを感じやすくさせてしまいます。

温性食物の入った温かい食べ物、飲み物を少量でもいいので摂るようにしましょう。

 

身体の外からの改善として治療を行うこともできます。

鍼灸治療により、胃経のツボ鍼で刺激したり、身体の冷えている部分をお灸で温めたり、だるさ改善のために吸玉を行うことで夏バテ改善がみられますよ!

特に、背中に張っている感じがあると要注意です!

背中の張り感は、夏バテのサインです!

 

 

 

病院ではゴルフをしてはいけないと言われた・・・

2019.07.22

貝塚市半田にあるゆらく整体整骨院が解説する腰痛について~

腰に痛みを抱えている人が、なぜ腰が痛くなるのか原因を知りたくなるのは当然のことですよね。

この方は原因が知りたいと思い最初病院に行ってレントゲン、MRIを撮ってもらいましたがヘルニアかもしれないと言われました。20年程辞めていたゴルフをもう一度したかったので、ゴルフはやっても大丈夫ですか?と先生に聞くと、ゴルフは腰に悪いのでやらないほうがいいですとはっきり言われたそうです。

 

★治療家として大切なこと★

確かに腰への負担は大きいスポーツですが、私たち治療家が何よりも大事にしなければならないことは患者様の気持ちに応えていくことです。

 

腰が痛くてもゴルフがしたいと思っている人に何と声をかけるべきか

僕は可能性のある限り大丈夫!できます!と言ってあげるべきだと思います。

 

実際にこの方には、ヘルニアがあってもゴルフはできます!

ヘルニアがあってもゴルフができるように治療しよう!

と患者様と同じ目標を立てて治療がスタートしました。

 

明確な治療が魅力!!

当院では、提携病院があるためレントゲン画像を見て治療の必要なポイントをどこよりも明確にすることが可能になりました!

実際に手で触って分かることもあれば、見えない骨や関節の状態も把握できることで、理にかなった治療を行います。

 

実際の腰のレントゲン画像を見ると、骨と骨の間が狭くなっているところがあり痛みのポイントとも一致していました。更に骨盤の高さが左右で違うため、骨盤の歪みからくる筋肉バランスの悪さ、つまり全体的に姿勢が歪んでいるということがわかりました。

硬くなった筋肉はマッサージにより緩めたり、手では届かない所はストレッチにより伸ばしていくことで、狭くなっていた関節にゆとりが生まれてきます。

 

 

圧倒的な威力のある鍼灸治療!

硬くなった関節は身体の奥深くにあるため、指だけでは届きにくい場合がほとんどです。届きにくいということは、筋肉が緩みにくいので治療スピードはゆっくりになります。

確実に関節へアプローチすることができ、最短最善な治療法は絶対的に鍼灸治療です!

鍼灸治療は、深部の悪いポイントまで直接届かせることができるため、治療スピードを加速させます。

また、痛みを抱えている人は痛み止めなどの薬を服用していますが、身体にもともとない成分を摂取したり、副作用も出ることがあるため、身体にとって非常に負担が大きいです。鍼灸治療なら薬のような副作用もなく、身体に優しく安心安全に受けていただけますし、東洋医学の効果により薬と同等の効果が期待できます!

 

 

この方の症状の場合、5回の治療で痛みはほとんど取れて、徐々に動けるようになっていきました。今ではゴルフのスイングを許可し、メンテナンスを行いながらゴルフを楽しんでいます!

 

病院に行ったときは、ゴルフはもう諦めようと思ったけど、ここにきて先生にゴルフはできるよ!と言ってもらえて安心したし、本当にスイングできるようになってよかった!と喜んでもらえました。

患者様の身体を治すことだけがゴールではありません。

本当のゴールとは身体が治って、元気になった身体でしたいことをする!それが出来るようにしていくことが治療家がやるべきことだと考えています!

そのために必要な治療は全て受けて頂きます。半強制です(笑)

頭痛

2019.06.29

貝塚市半田にあるゆらく整体整骨院が解説する頭痛について~

頭痛が起こる原因はさまざまありますが、経験上ほとんどの場合において首の治療が必要不可欠となっています。

なぜなら首の神経が担当しているからです!

今までよくならなかった人はこれを見て治療法を変えていきましょう!

 

★頚椎のレントゲン画像★

①左右のバランスを見た場合

鎖骨の高さ、正中線のズレ、頚椎や胸椎の歪みがあるため、神経を圧迫したり筋肉が緊張しやすくなります。どこがどのように歪んでいて、その影響で症状が出ていることを明確に説明してから治療を行います。

 

②前後のバランスを見た場合

背骨は、生理湾曲によってバランスを取っています。

生理湾曲はクッションの役割をしておりボーリングの球ほどある頭の重みを支えることができているのです。

背骨の高さを一つ一つ真っ直ぐに線を引いたときある一点で交わると正しい生理湾曲であると言えます。しかしこのレントゲン画像のように歪んでいるとバラバラなところで交わってしまいます。

こういった場合は、正しいカーブを作る治療を行います。

病院では、首の牽引をしてくれるところが多いようですが筋肉の緊張は引っ張るだけでは十分に緩めれないと考えられます。ですから、一つ一つの関節がどうなっているのかを触って確認しながら治療を行います。

 

ごく身近に起こりうる頭痛ですが、起こってしまうと何もしたくなくなるほど体調が悪くなってしまいます。

一般的には頭痛薬の服用により痛みを止める人が多いと思いますが、何度も服用を続けると効き目が薄れたり、効くまでに時間がかかったりとしてしまうものです。更に、薬を飲み続けることで筋肉は硬くなりやすくなるので要注意です。

また、頭痛の種類によっても症状はさまざまで、どの頭痛のタイプか見極めることで対処法も変わってきます。

それぞれの症状に合った対処法で頭痛を楽にすることができます。

 

!頭痛の原因!

大きく分けて3種類あります。

①片頭痛

血管が拡張したときに起こる頭痛で、ズキズキと脈打つような痛みが特徴です。男性よりも女性に多いので、生理の周期に合わせて起こる可能性もあります。その他には、疲れや雨の前の日など気圧の変動によっても起こりやすいです。

②緊張性頭痛

精神的、肉体的ストレスにより首肩頭の筋肉が緊張してくると起こる頭痛で、頭全体がギューっと締め付けられるような痛みが特徴です。筋肉の血行が悪くなっているので、温めてほぐしてあげることで緩和していきます。

お風呂に入って楽になるようなら緊張性頭痛でしょう。

 

③群発性頭痛

目がえぐらえるような激しい痛みが特徴です。症状が出ると数カ月、毎日のようにほぼ同じ時間に頭痛が起こるようになることも症状の一つです。

 

 

 

 

頭痛でお困りの方はGoogle検索で

貝塚市 整骨院

上記クリックしていただけますと問い合わせや予約のお電話やゆらく整体整骨院までの道のりがわかります!

1 2 3 4 5 6 16

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0724284976

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒597-0033
大阪府貝塚市半田249
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
JR東貝塚駅から徒歩3分。茶色の「ゆらく整体整骨院」の看板が目印です。

0724284976

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
フットマッサージ
ヘッドマッサージ
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
鍼灸ツボ紹介
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ゆらく整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒597-0033
    大阪府貝塚市半田249

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    JR東貝塚駅から徒歩3分。茶色の「ゆらく整体整骨院」の看板が目印です。

pagetop