ゆらく整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

身体の事を考えた食材選び

2019.11.18

11月に入りグンッと気温が下がり始めましたね。

今の時期は20℃前後で1か月前からすると、10℃の差があります。

これだけ急に差があると体調を悪くされる患者様も増えてきています。

 

冷え症の方は、特にこれから数カ月寒さに悩まされますね。

防寒をしっかりしていても手先だけは冷たいというのはつらいですよね。

今まで色々な方法を試した方もこの方法は知らないんじゃないですか?

 

身体の外から温めても中が冷えているとすぐに冷えてしまいます。

そこで体質改善方法として、食事で摂る食材を変えていく方法です。

基本的に身体を冷やしてしまう原因は、その食材を摂取すると血管が収縮したりするため、血流が悪くなり体温をさげてしまうからです。

 

○身体を冷やしやすい食材

・なす、きゅうり、トマト

・小麦、そば、塩、白砂糖

・ごぼう、大根、白菜

・豆腐

・バナナ、梨、柿

・緑茶

といった感じです。

 

身体を冷やしやすい食材を寒涼性食材と呼びます。

食材は、寒・涼と温・熱、どちらでもない平性の5つに分類されます。

冷えは万病の元と言われていますが、寒いからと温かい鍋を作って食べたとして本当にそれで身体は温まるのでしょうか?

温かい物を食べることで体温は上がりますが、その食べた食材によっては後から体温を下げることになりかねませんので注意が必要です!

 

また、豆腐は寒涼性ですが、納豆は温熱性です。

同じ原料は豆なのに状態が変われば性質も変わるということです。

特に発酵させるというのは、温熱性寄りに変わりやすいので、牛乳もヨーグルトになると平性に変化します。

他には、果物で寒涼性のものでも乾燥して水分が抜けると温熱性に変わります。

例えば、柿は寒涼性ですが、干し柿になると温熱性になるんです。

更に、寒涼性のものに温熱性のものを加えると温熱性寄りになります。

例えば、白菜は寒涼性ですが、唐辛子で漬けてキムチになると温熱性になります。

こういう特徴を知っていれば、身体にとって必要なものを選ぶことができます。

寒涼性のものを知って、温熱性として摂取すれば身体を冷やすことにならずに済みますよね!

 

自分の体質や状態に合わせた食材を選ぶことも大切になります。

東洋医学的に話をすると、陰陽で考えて寒熱、静動というように、陰の性質が強い人は寒の状態にもなりやすいです。

ですから寒涼性の野菜や果物をたくさん取ってしまうとバランスを崩してしまいます。

特に陰の性質が強い女性は、冷え症になることが多いです。それなのに寒涼性のものばかりとってしまうとバランスを崩すということです。

朝ごはんにスムージーを飲んでいる人は健康のことを考えているかもしれませんが、実は身体を冷やすという逆効果のことをしてしまっている可能性があるので、どの食材をスムージーにするのかよく考えて下さいね!

整形で手術と言われた膝

2019.10.14

実際に来院された方の話です。

 

膝の痛みがだんだんひどくなり整形外科に行ったら、まずはレントゲンを撮られました。

膝の関節の隙間が狭くなっている状態で、痛み止めと湿布を処方されて様子見てくださいとその日は帰されたそうです。

その後一週間ほど痛み止めと湿布をしてみましたが、痛みはほとんど引かず、次第に階段の登り下りだけでなく立ってるだけでも痛みが出るようになってきました。

再度、整形外科にいくとこれで痛みがひかないのなら手術しましょうと言われました。

手術するのは怖くて、したとしてもその後のリハビリも大変だと友達から話を聞いていたので、断わりました。

その後、手術しない方法で膝の痛みをとって欲しいと整骨院に来られました。

 

こういう経験をする人は、結構多いみたいですね。

過去にも何人かおられました。

手術が決して悪いわけではありませんが、手術は最終手段だと私は考えています。

ですから、まずは手術まで至らないようにすることが大事です。

 

関節の構造上、関節を支えるためには周りに筋肉がついています。

その筋肉は年齢とともに、または使わなければ落ちていきます。

筋肉が落ちていくとどうなるか?関節自体に負担がかかるようになります。

関節に負担をかけるのではなく、筋肉のみに負荷をかける方法で筋トレを行うことで、身体を支えるための筋肉をつけることができます。

 

当院では、膝の痛みをとるだけではなく、今後同じ痛みを繰り返さないようにするところまでが治療だと考えています。

そのために行う筋トレは治療だと思ってしんどいですが受けてもらっている人がたくさんおられますよ。

また、痛みを抱えていますがどうしても動かないといけない場合は膝のテーピングもできますよ。

この時期に起こりやすい頭痛!

2019.10.05

9月は夏から秋になっていく時期です。

この季節の変わり目は、気候の変動が激しく大気が不安定になっています。

そのため台風が発生しやすかったり、急に雲が分厚くなってきて雨が降りだしたりします。

人間の身体は、この気候の変動と大きく関わりがあります。

特に気圧の変化によって、むくみやすかったり、血管の収縮度合いが変わったりします。

こういった変化によって頭痛が起こりやすいかも影響を受けます。

例えば、天気予報で明日が雨模様になっているとき、今日は晴れているのですが実は気圧がさがってきていることがあります。

雨の前の日の低気圧の時は、標高の高い所にいるときのような状態と同じになります。

普段何気なく生活をしていても一定の圧が身体にはかかっていているのですが、その圧の変動によっていつもと違う身体の異常をきたします。

 

この天候によって左右される頭痛は、偏頭痛と呼ばれるものです。

偏頭痛を楽にする方法は2つあります。

まずは、ストレスを軽減させること。

ストレスがかかると脳内物質が頭痛を引き起こすとされています。

ストレスをなるべく感じないようにするか、ストレスを発散し常に楽しいと思えるような状態にしておくことが必要です。

また、頭痛のリズムを記録しておくことで次の頭痛のタイミングを測ることも可能です。手前から対処をすれば、ひどくならずに済むこともできますね!

正しく睡眠を取ることもリズムを作るには大切なことです。

もし、偏頭痛になった場合に抑える方法としては、頭痛の出ているポイントを冷やすことです。

冷たいタオルや氷を当てて冷やすことでズキズキしているところが休まります。

お風呂でゆっくり浸かるなどで体を温めることは、偏頭痛を悪化させる要因になるので注意して下さい。

光刺激によって状態はひどくなるので、暗い部屋で休んだり、目を瞑って休むと少し楽になってきますよ。

カフェインの入った飲み物を少し飲むことでも、血管が拡張されるため状態は楽になります。

腸内環境と花粉症の関係性!

2019.09.23

花粉症はこれからの季節になるとほとんどの方の敵になる症状のひとつです。

花粉症とは、スギなどのかふんが原因となって起こるアレルギー疾患のひとつです。

花粉の種類によって飛来する時期が違います。また、どの花粉に対してアレルギー反応が出るかによっても花粉症が発症するタイミングが変わってきます。

スギ 1月上旬、2月上旬~4月上旬、11月上旬~12月上旬

ヒノキ 2月上旬~5月下旬

イネ 4月上旬~7月上旬、7月下旬~10月上旬

ヨモギ 9月上旬~9月下旬

おおまかではありますが、このように種類によって発症しやすい時期が分かります。

これを分かった上で対策していくことが必要です。

花粉が飛び始めてから対策するのと、飛び始める前に対策するのでは差が生まれます。

 

ではどのように対策すればいいのでしょうか?

①花粉情報をチェックし、外出時はメガネ、マスクを着用する。

→花粉を身体の中に取り込まないようにしましょう。

②外出時着ていた衣類にも花粉が付着しているのでよく払い落す。

→花粉は部屋に持ち込まない事は鉄則です!

③帰宅したら手洗いうがいを必ずする。

→喉や鼻の粘膜に花粉が付着するとアレルギー反応を起こすので、その前に洗い落とす。

④花粉シーズンはできるだけ窓を閉めておく。

→喚起のときは少しだけ開けてする。

⑤洗濯物の外干しは避ける。

⑥こまめに部屋の掃除をおこなう。

→特にほこりはこまめに拭くようにする。

ここまではよく言われていることなので、知っている方も多いと思います。

 

そもそも花粉が身体の中に入ってきてもアレルギー反応を起こさないようにすれば、このような対策を色々やらなくても済むんです!

それこそが、腸内環境です!

腸は免疫を司っているため、環境を整えることで花粉に対しての反応を抑えることができます。

しかもそれだけではありません!身体自体が強くなって病気にもなりにくくなります。

便秘の方はお通じが良くなって快便快調間違いなしです!

 

腸内環境を整えるには、腰から出る神経が腸を担当するのでその流れをよくすることです。

鍼灸治療でもできるのですが、腸内フローラを飲むことでも環境を整えられます。

 

だんじりサポート隊!

2019.09.23

岸和田だんじり祭りのサポートに行かせていただきました!

 

もう今年で4年目になるだんじりサポートは、毎年しんどい方が増えている中で「これがあるから最後まで走り切れる!」と言ってもらえています。

だんじりの中に必要な一つのアイテムになりつつあります。

 

毎年けが人続出でヒヤヒヤさせられるのですが、今年は大きなけが人はほとんど来ることがありませんでした。

大きなけががなくよかった!と思っていたのですが、他の町では、事故が多かったようです。

特に大工町ではだんじりが転倒し、頭蓋骨骨折、骨盤骨折などの重症で病院に運ばれる方もおられたそうです。

未だに意識が戻らないと聞いています。本当に無事であることを祈るばかりです。

 

そんな常に危険と隣り合わせなだんじりなので、サポートに行く時は毎年けがにも対応できるように準備しています。

去年は屋根から落ちてかかとの骨が骨折する人もおられました。もちろん病院に行ってもらわないといけないのですが、なんとか走りたいという人がほとんどなので、応急処置をして走れるようにしたりもしました。

なによりもだんじりサポートで大切にしていることは、どんな状況でもベストな状態で3日間走ってもらえるように治療を行うということです!

だんじりをする人が3日間全力で走ることで疲労が溜まる足、綱を持ち続けることで握力が無くなる腕、不安定な屋根で動き続ける足と肩の疲労は、特に症状の多いポイントです。

改善出来るようにマッサージと鍼治療を行っています。また少しでも疲労やけがを減らすためにテーピングで固定しています。

今年も全力でだんじりを動かす人たちのために、全力で身体のケアをする3日間でした!

 

 

 

 

季節の変わり目は自律神経が乱れやすい!

2019.09.06

自律神経とは、体内や体外の環境に関する情報を受け取って、コントロールするところです。

主に、機能の促進には交換神経が働き、抑制には副交感神経が働きます。

交感神経と副交感神経はそれぞれ全身に分布しているのですが血管や胃などの臓器を支配し、状況に合わせて働いてくれることで身体をコントロールしています。

季節の変わり目に身体がしんどくなるのは、この自律神経が乱れることによって起こることが多いです。

身体にはリズムがあり、毎日規則正しいリズムで生活することはとても大事なことです。

慢性的な寝不足や昼夜逆転になってしまうと身体のリズムは崩れてしまい自律神経のバランスを崩してしまいます。

さらに自律神経が乱れると寝たくても目が冴えて眠れなかったり、寝たにも関わらず疲れが取れていなかったりとしてしまうものです。

 

こういった自律神経のバランスを整えるためには、神経の出ている出口広げて神経の流れを良くしてあげることが必要です!

私たち人間には背骨があり身体を支えているのですが、その背骨一つ一つの隙間から神経は出ているので、疲れが溜まってくると背中の筋肉が硬くなってきます。これは神経の流れが悪くなってしまい、筋肉が上手く伸び縮みできなくなっているから硬くなってしまっている状態です。

こうなっているからマッサージやストレッチで筋肉を伸ばしながら、背骨と背骨の間を広げることで神経の流れがよくなります!

 

季節の変わり目は毒が溜まりやすい!

2019.08.31

この時期は夏が終わりに近づいていて、夏の疲れが出やすいタイミングです。

その疲れはだるさとして感じることも多く、足がだるい、腰が重い、背中が張っている、肩が重い、頭痛がする。

これらは全部夏の終わりによく起こる症状です。

 

この原因は夏の時期に湿度が高くなることで、身体も湿気を溜めこんでいたり、夏の暑さのせいで体温が高い状態が続いたせいで涼しいときには感じない体力の消耗があるからです。

こういった症状がある人は、身体の中で血流が悪くなりやすく循環しようとする力が弱まり、身体の中に溜めこもうとする力が強くなります。

溜めこもうとする力が強い状態が長く続くと体質として定着してしまい、それになれてしまうこともあります。

こういった状態になってしまった人は、外部からの刺激により毒素を排出できる身体にしないといけません。

その方法の一つに吸い玉療法があります。

吸い玉は、身体の上にカップをかぶせ中の空気を真空状態に近づけることにより、皮膚や筋肉が引き上げられます。

引き上げられることにより、固まっていた筋肉のストレッチ効果、固まっていた筋肉によって悪くなっていた血流が動き出し、毒素が血流に乗って排出されます。

この習慣を身体に覚えさせることで、循環する体質に戻っていき毒素が身体に溜まりにくくなります。

あまり毒素の溜まっていない人の吸い玉写真です。

一か所赤黒く色が悪いところがありますが、それ以外は薄い色になっており毒素の溜まっていない状態となっています。

 

季節の変わり目は環境の変化が身体に及ぼす影響が大きく、人よっても差はありますが、気圧の変化、気温の変化によって体調が変化しやすいです。

まずは自分の中に今毒素が溜まっているのか?チェックする意味でも、吸い玉を行いましょう。

繰り返すことで色は次第に薄くなるので、よくなっていること、今日は調子が悪いなどの変化を見てわかるようになっています。

1 2 3 4 5 6 17

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0724284976

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒597-0033
大阪府貝塚市半田249
診療時間
月・火・水・金
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
木・日
アクセス
JR東貝塚駅から徒歩3分。茶色の「ゆらく整体整骨院」の看板が目印です。

0724284976

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
骨折・脱臼(オステオトロン)
腰の痛み
肩・首の痛み
鍼灸治療
リンパマッサージ
フットマッサージ
ヘッドマッサージ
往診
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
鍼灸ツボ紹介
院内設備
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

ゆらく整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒597-0033
    大阪府貝塚市半田249

  • 診療時間

    月・火・水・金 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    木・日

  • アクセス

    JR東貝塚駅から徒歩3分。茶色の「ゆらく整体整骨院」の看板が目印です。

pagetop